日本舞台美術家協会 JATDT日本舞台美術家協会 JATDT

TOP > 伊藤熹朔賞 > 年度別 > 2015年度伊藤熹朔賞

2015年度 第43回伊藤熹朔賞

第43回伊藤熹朔賞 本賞

柴田 隆弘 Takahiro Shibata [西日本支部]

【 つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」】
演出:ウォーリー木下 上演団体:シアターBRAVA!
劇場:世田谷パブリックシアター[2015/4/10-19]シアターBRAVA![2015/4/23-26]

装置に対して

エネルギー溢れる美しくスタイリッシュで楽しい空間。脚本から導きだしたコンセプトに基づきデザインされた空間には芸術性もある。確かなデザイン力、技術力を高く評価する。今後の活動にも多いに期待できる。

伊藤熹朔賞2015_本賞

略歴
1976年3月2日生まれ 兵庫県出身
大阪芸術大学舞台芸術学科舞台美術コース卒業。木谷典義氏、大澤裕氏、に師事。関西を中心に舞台美術デザイン、製作、活動中。京都造形芸術大学舞台芸術学科専任講師。
第28回伊藤熹朔賞新人賞受賞、第36回伊藤熹朔賞奨励賞受賞。
主な作品に桃園会「どこかの通りを突っ走って」、維新派「呼吸機械」、MONO「なるべく派手な服を着る」等。

第43回伊藤熹朔賞 新人賞

長峰 麻貴 Maki Nagamine[東日本支部]

【おばけリンゴ】
演出:橋本昭博 石内詠子 上演団体:演劇プロデュースユニット Moratorium Pants
劇場:新宿シアターミラクル[2015/10/1-18]

装置に対して

作品の本質を捉えるシンプルな発想に、自由闊達、且つ、舞台美術の枠を越えた表現の面白さを感じる。舞台美術家としての将来性、可能性に期待できる。

伊藤熹朔賞2015_新人賞

略歴
東京生まれ福岡育ち。武蔵野美術大学大学院空間演出デザイン学科修了。劇団四季演出部を経てフリー。
空間を主体としたデザイン・アート活動を行う。
学生時代は、堀尾幸男氏、高田一郎氏、小竹信節氏より指導をうけ、それぞれの活動に衝撃をうける。劇団四季では大道具部、舞台監督部に所属。ライオンキングの舞台監督助手を700回以上勤める。退団後は、ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズのアーティストでパフォーマーの風倉匠氏に出会い制作助手などを勤める。飾らない風のような生き方と日常の空間を大胆につかった美術とも演劇ともとれる作品に影響をうけ、現在の活動に至る。
最近では都内の小学校の学習発表会(学芸会)のキュレーション等、演劇を通しての様々な表現教育の普及にも取り組んでいる。
テアトリカルイデア代表。表現のあそびば代表。武蔵野美術大学非常勤講師。
主な作品は、「新羅生門」(横内謙介演出)、「星の王子さま」(ペーター・ゲスナー演出)、「メンドゥルサッコンの渦巻」(巻上公一演出)

第43回伊藤熹朔賞 奨励賞

大島 広子 Hiroko Oshima [東日本支部]

ユビュ王】
演出:小川絵梨子 上演団体:まつもと市民芸術館 TCアルププロジェクト
劇場:まつもと市民芸術館 小ホール[2015/2/18-22]
   上田市交流文化芸術センター 大スタジオ[2015/2/28・3/1]

衣装に対して

地域に根付いた創作現場における仕事の丁寧さを高く評価する。と同時に、その土地の人達と一緒に作品創作に携わる舞台美術家の新たな役割を提起する奨励すべき活動である。

伊藤熹朔賞2015_奨励賞

略歴
1976年生まれ 大阪府出身 
服飾デザインを学んだ後、渡英。2000年イギリス、セントラル・セント・マーティンズ美術学校、シアターデザインコース卒業。
帰国後、大道具会社勤務を経て、東京を拠点に舞台装置、衣裳デザイナーとして活動。2010年から1年間、文化庁新進芸術家海外研修員として、ドイツ、ライプチッヒの劇場にて、児童青少年演劇と舞台美術について研修。
主な作品として、「オーケストラで踊ろう!運命」(可児市文化創造センターala)、「ピノキオまたは白雪姫の悲劇」(下田昌克共同デザイン、KAAT神奈川芸術劇場)、「ちょうちょの詩」(リガアートセンター/ラトビア)、「ねむるまち」(劇団うりんこ)。小中高校生を対象にした演劇、美術ワークショップのコーディネーターとして、パフォーミングアーツ創作の面白さを共有する活動も行っている。

第43回伊藤熹朔賞 特別賞

村田 正博 Masahiro Murata
舞台美術製作

長年に渡り、経済的条件の厳しい作品に携わる若手舞台美術家を、柔軟なアイディアをもって力強く支援する大道具会社としての活動は、未来につながる舞台芸術界への大きな貢献である。

略歴
高知県出身、67
様々な公演にスタッフとして参加し経験を積み、イトウ舞台工房に入る。1991年に仲間とC‐COMを代表として設立し、現在に至る。大人計画、長塚圭史作品、地球ゴージャスなどの人気劇団をはじめ、ホリプロなどのプロデュース公演、新国立劇場やKAAT主催公演など、様々なジャンルの作品を大道具製作として支えている。