• TOP
  • >
  • ARCHIVE
  • >
  • REPORT
  • >
  • 第63回全国高校演劇大会 (宮城大会) 技術講習会報告

第63回全国高校演劇大会(宮城大会)技術講習会報告

去る8月1日〜8月3日に、仙台イズミティ21において『第63回全国高等学校演劇大会』(主催:全国高等学校演劇協議会)が開催され、その一環として昨年に引き続き「舞台技術講習会」が行なわれました。
7月29日に講師が現地入りし、5日間にわたって行なわれた講習会の様子をレポートを致します。

<講師>

■日本舞台美術家協会 土屋茂昭・伊藤雅子・長田佳代子
■日本舞台監督協会  吉木均
■日本照明家協会   乳原一美・倉本泰史
■金井大道具(背景) 金子幸雄・永山愛莉
■日本舞台音響家協会 藤田赤目 日本舞台音響家協会のレポートはこちらから >>
■舞台監督工房    石井忍 

<会場>

仙台市泉文化創造センター(イズミティ21) 

<日程>

7月30日〜8月2日 講習会の個別講座と準備
8月3日 舞台技術講習会本番(120分)
8月1日~8月3日 第63回全国高等学校演劇大会 ※昨年の90分間から120分間に拡大されました!!!

<作品>

宮城県地区大会の参加作品の中から1作品を選んでもらい、約10分間の台本に構成しなおしたものを上演しました。
演出も出演者高校の顧問の先生が担当されました。
 
戯曲『しあわせのことのは』
作:菅野準(仙台二華高校教諭)/ 演出:佐藤文隆(白石高校教諭) 

<動員数>

約170名
※前回の広島大会約120名から大幅に動員増加!!! 

<講習会当日の風景>

照明講習 / 乳原さん照明講習 / 乳原さん

照明講習 / 乳原さん

照明講習 / 倉本さん照明講習 / 倉本さん

照明講習 / 倉本さん

音響講習 / 藤田さん音響講習 / 藤田さん

音響講習 / 藤田さん

舞台説明 / 土屋・長田舞台説明 / 土屋・長田

舞台説明 / 土屋・長田

座談会座談会

座談会

キャストの生徒さんキャストの生徒さん

キャストの生徒さん

<土屋さんによる美術プラン平面図・道具帳・スケッチと舞台写真>

 
土屋/美術プラン平面図土屋/美術プラン平面図
土屋/美術プラン平面図土屋/美術プラン平面図
土屋/美術プラン道具帳土屋/美術プラン道具帳
土屋/美術プランスケッチ土屋/美術プランスケッチ
舞台写真1舞台写真1
舞台写真2舞台写真2
舞台写真3舞台写真3

<詳細スケジュール>

2017.7.30

製作風景
製作風景

[製作風景]

10:00~ 道具製作講座

土屋さん、吉木さんによる模型と図面の解説。
それらをもとにパネル製作、段ボールを使って素材に親しむ講座。

18:00 終了 

2017.7.31

講座風景
講座風景

[講座風景]

10:00~ 道具製作講座・背景表現講座

道具製作講座昨日の続き
背景表現講座金子さん、永山さんによる、”あたり”や”背景テクニック”の実践。

18:00~ 照明仕込み 

現地スタッフ+高校生4名

18:30   終了 

2017.8.1

17:10~ 音響仕込み・明かり合わせ

現地スタッフ+高校生3名

19:30   終了

稽古風景

[稽古風景]

2017.8.2

17:10~ 装置仮組み・GP準備
18:00~ 1回目通し
18:30~ GP 
19:30 終了

2017.8.3

12:55~ 客入れ
13:10~ 開式

A 10分

1.講習会趣旨説明 土屋

2.講師紹介    伊藤・倉本・乳原・土屋・長田・藤田・吉木(五十音順)

3.台本の解説   菅野先生/佐藤先生

4.出演者紹介   土屋

B 80分

5.素バージョン上演    8分

6.公開・照明プラン  30分 乳原(進行)/ 倉本(ステージ)/ オペ(現地スタッフ)

7.公開・音響プラン  30分 藤田(進行)/ オペ(現地スタッフ)

8.完成バージョン上演   8分

C 30分

9.装置解説 7分

10.座談会・質問 23分 →A+B+C= 120分 

15:10~ バックステージ
15:40~ バラシ

<各講座内容のポイント>

【装置】
一つのパネルの中に、異なるテクスチャーを組み合わせる事で、表現の可能性を楽しんで頂けたように思います。
また、高校演劇では馴染みのないラテックスという素材に親しむ機会や、低予算でも装置創作の可能性は無限にあるという経験もできたように思います。
今回は群集シーンもあり、舞台全体に装置が飾られていましたが、3日の作業期間でこれほどの規模の装置を完成させる事ができるという実体験は、生徒さん達の自信にも繋がったように思います。
また、現地スタッフの石井さんが舞台製作や進行に御協力頂けた事で、今後も現地の高校演劇部の先生や生徒さんとの交流が深まっていく事も成果の一つだと思いました。
 
【照明】
ワンシーンを例題にあげ、明かりを足したり引いたりすることで、どのようにシーンの印象が変化していくかという事をベースにおいた講座でした。
先ずは、どこにどのような照明が仕込まれているかを簡単に説明し、光の角度、色温度、加法混色を意識しながら明かり作りを体験してもらいました。
プランナーとオペレーターとのインカムでのやり取りも、普段は聞く機会はないので、分業された面白さも味わえた。
照明家によって”夕日”の明かり一つとっても、色味や方向性のプランニングが異なるという話題も興味をもたれたようでした。
また、バックステージで何人かの生徒さんが直接講師の先生に、照明プランの悩みを相談されたりと、スタッフの仕事に興味を持ち、話に聞き入っている生徒さんの姿が印象的でした。
 
【音響】
バトン吊り、床置き、劇場ブロセニアム常設など出所の異なるスピーカーから出る音の組み合わせによって音像の違いや、その変化を実際に聞き比べながら要点を解説されました。
複数のスピーカーを立体的に配置し、音量差・音質差・時間差を加え、音の空間的なイメージを持つ事の大切さが、具体的な体感を通して分かりやすく伝えられました。
さらに、終幕では印象的な”虫の声”が空間を包みます。そのSEには、虫笛が合わせて使われました。
音響班ほか高校生8名が各袖でスタンバイし奏してもらうという音響プランは、実践的でもあると同時に、講習会である事を忘れてしまう程の見応えのある終幕で、音響プランによる作品の膨らみを実感して頂けたと思います。

<今後の目標>

舞台上の空間形成に必要なデザイン及びプランニング技術を高校生や演劇部顧問が統合的に学ぶ場がこれまでなかった。昨年に引き続き、今回の第63回全国高等学校演劇大会の最終日分科会会場において之を実現するため、日本舞台照明家協会・日本舞台音響家協会・日本舞台美術家協会の3組織と全国高等学校演劇協議会により調整を行ってきた。この取り組みを機に、3協会と高演協との連携を深め、継続的に学びの場を形成していく事を目標とする。

<大会の受賞校に関して>

最優秀校には、兵庫県立東播磨高校の『アルプススタンドのはしの方』が選ばれました。
また、優秀校の授賞3校の作品と合わせて、8月26〜27日に東京の国立劇場で上演されました。
以下は、審査員の伊藤雅子さんによる全上演校の舞台スケッチと講評です。

報告:長田佳代子(東日本支部) 

<大会審査結果>

最優秀賞 アルプススタンドのはしの方 兵庫県立東播磨高等学校
  流星ピリオド 埼玉県立秩父農工科学高等学校
優秀賞(上演順) 白紙提出 茨城県立日立第一高等学校
  HANABI 沖縄県立向陽高等学校
舞台美術賞 -サテライト仮想劇-いつか、その日に、 福島県立相馬農業高等学校飯館校
創作脚本賞 林 彩音・村端 賢志/どうしても縦の蝶々結び 
内木文英賞 北海道北見緑陵高等学校 

第63回 全国高校演劇大会 (宮城大会)
全上演校・舞台スケッチと講評

協会員審査員 伊藤雅子

今まで何度か各地域の大会を審査させていただきました。その都度若いエネルギーを浴びて、自分が成長させられる思いでいます。今回もハイレベルな戦いの場に居られたことが光栄です。
そして、楽しみました。楽しいというのを誤解しないでいただきたいのですが、講評することの楽しさではなく、未来に輝くであろう皆様と会えるのが楽しいということです。
 
全国大会まで勝ち抜いてきた学校ですから、既に全体のレベルが高いですし、空間の構成もきちんと出来ている学校ばかりです。この状況で、私が何を言えるのかとも思いましたが、私なりに各校をさらに良くなるためのアドバイスをしたつもりです。
そして、あくまで私の個人的な意見だということを頭の片隅に置いていただければ幸いです。
1校ずつ振り返りながら改めて思い出して見ようと思います。
 

千葉県立八千代高等学校「煙が目にしみる」

舞台スケッチ1舞台スケッチ1
メインである銀杏をとても綺麗に見せていて、生と死の間だということがよく伝わって来た美術でした。ただ、出はけの設定が曖昧に見えてしまったので、舞台美術は、空間を演出してしまうことを意識してデザインするともっと良くなると思いました。
 

秩父農工科学高校「流星ピリオド」

舞台スケッチ2舞台スケッチ2
この作品は、美術家からの発想なのか演出家からの発想なのかお客様が迷ってしまえるくらい作品として完璧に重なり合っていました。現代の人が、感じる圧迫感を建物にも見えるバランスで、また携帯の中の点と線の表現を鉄骨で立体的に表現することで、現代人の中に入り込んでくるという状況が浮かび上がり見事でした。囲われていることで、出たいと思っていても出られない。最後にホリゾントになり少しの希望を抱いてからの死は、いい意味で衝撃的で、どうしたら抜け出せるのかということを考えさせられました。
 

徳島市立高校「どうしても縦の蝶々結び」

舞台スケッチ3舞台スケッチ3
とにかく、幕が上がって、びっくり!本物の世界がそこにありました。
扉など本物を使用していますので、音もリアル。壁は持って来れないと思いますので、作り物だと思いますが、負けていないです。全てが完璧でした。コピー機まで動くという小道具の細部にまで目が行き届き、何もいうことがないと思いました。ただ、作品としてみた時に、一番伝えたいであろうことは、少女の過去や母親との関係で、記憶を振り返ることで、気持ちの変化が起こるという重要なシーンが後ろになってしまったということ。時空が飛ぶわけですから、美術としての使い方も思いきって飛んでいいと思いました。部屋外を真っ黒で表現しているのですから、舞台前側にも黒い空間があって、そこがとある時から、廊下になるとか。美術家としての提案が必要になると思いました。
 

名取北高校「ストレンジスノウ」

舞台スケッチ4舞台スケッチ4
全国大会に向けて、美術を一新したのだと思います。同じところにとどまらず、進化し続ける!非常に素晴らしいことだと思います。壁が厚いことで、どんなことがあっても、ビクともしないのだというイメージに、また、シェルターのようにも見えたり。 1人の少女の心に重たくのしかかっている何かを伝えるという表現になっていると思いました。別空間に登場する2名ともバランスがよく非常に良かったと思います。ただ、美術家として、表現するにあたって、この作品には、息を抜ける瞬間が欲しいと思ってしまいました。震災の現地の方々に比べたら、とてもちっぽけな傷ですが、それでも震災当時テレビの映像や実際に体感した地震によって、全くデザインできなくなってしまいました。この経験をしている 1人として。演出にも絡んできますが、「それでも人間生きていく、前に進む」ということを伝えられる表現を探せたらと思いました。その思いを美術だけで背負うことは出来ませんが、背負ってみるのもいいかもしれませんね。
 

日立第一高校「白紙提出」

舞台スケッチ5舞台スケッチ5
部屋の表現が、細かくとても良く出来ていました。完全な男子というよりは、女装の趣味を持つ男子の清潔感もあったりなど伝わり易い装置だと思いました。
また、彼の心の叫びをプロジェクターで、部屋全面に映し出すという方法も彼の強い思いが突き刺さりました。テーブルも2台使うなど、いたってシンプルで自然な行動だと思い。プロだと、最初から大きなテーブルを作ってしまったりする事もあるので、正しい!と観ながら「よし!」と小さい声で言ってしまったくらいです。
 

沖縄県立向陽高等学校「HANABI

舞台スケッチ6舞台スケッチ6
思い切りがいい!劇場全体を思いっきり使い頼もしかった。演劇祭的なめちゃくちゃさもありましたが、それが良い意味で、楽しい作品に仕上がっていました。前半は、椅子をとても賢い使い方していました。全体的に濃淡があり、何もない美術を堂々と使いこなしテイアました、。「ロミジュリ」のバルコニーを椅子を使わずに背中に登ってというのは、「ブラボー!」色々なアイディアが満載。
吊りものがアップするのか、降りるのかタイミングを見ていたり、扉を閉め忘れたり、映写機の出ハケなどハプニング!?それともそれも計算!?というところ全て含めて面白かったです。これが計算だったら、末恐ろしい(笑)
 

明誠学院高等学校「警備員林安男の夏」

舞台スケッチ7舞台スケッチ7
凄く良く出来ていたのです。教室外の廊下まできちんと作っていました。パネルが開くことでのスタジアム。最高でした。
ただ、どうしてもこのおどろおどろしい、世界が幽霊から見た世界だったということに気づけなかったのです。悔しい。。。上をいかれてしまったよー。
 

福島県立相馬農業高等学校「サテライト仮想劇」〜いつか、その日に〜

舞台スケッチ8舞台スケッチ8
空間の表現がとてつもなく綺麗でした。抽象は、本当に必要な情報のみをきちんと切り取り、お客様に伝えて行くということだと思いますが、それが、お見事。
また、お客様に想像させる余白がありました。個人的には、ホリゾントの量を減らしても良いように感じました。この一瞬を切り取った、真っ白い写真(床と同じサイズくらい)が吊ってある。そこに、新たな個々人の1ページを追加させるようなイメージでしょうか。観ながらすっかり私の五感をくすぐられました。
 

兵庫県立東播磨高校「アルプススタンドのはしの方」

舞台スケッチ9舞台スケッチ9
わかりやすい美術で、装置が邪魔をせず、芝居に集中することができました。これは、非常に重要な事です。見下ろしている演技があるので、装置的には、もう少し高くても良かったかな。あとは、荷物で作ったフェイドアウト感が少し気になりました。ただ、それを上回る面白さと人間関係でした。
 

岐阜県立加納高校「彼の子、朝を知る」

舞台スケッチ10舞台スケッチ10
人生の積み重ねという櫓が、非常に良くできていました。綺麗に積み上がっているので、オブジェとしての存在感がとても大きかったように感じます。色々な人、物との繋がりを感じることができました。櫓の影も素敵でした。やはり、作品は、光と影です!影を表現すると浮き上がってくるものがあります。
 

北海道北見高校「学校で何やってんの」

舞台スケッチ11舞台スケッチ11
黒衣の存在と同じく、舞台美術の装置というものは、動くものですよ。このように転換されるものですよ。ということを作品と一緒に表現していて、観ていて非常に痛快でした。それも芝居の邪魔になっているどころか、転換を楽しめる作品作りは、難易度高いです。ということで、あっぱれ。
 

埼玉県立新座高校「Love & Chance!

舞台スケッチ12舞台スケッチ12
わかりながら見せて行くという完全な喜劇芝居。美術もしっかりとそれに対応して、見えるということを前提とした配置を組み、なおかつ台下を面白くしっかり使えていました。役者の感じるドキドキと、観ているお客様のドギドギ。それぞれ違うドキドキがしっかりと伝わって来ました。子供に戻った気分でした。
 
 
毎回終わった後に、反省反省。自分が言われたく無いことまで言っている自分がいるのではないかと。
いつか、私がおばあちゃんになる前に現場で会いましょう!
どんな立場でも演劇を好きでいてください。そして楽しんで!
ありがとうございました。
伊藤雅子  
入会について入会について
2016第44回伊藤熹朔賞2016第44回伊藤熹朔賞
オリジナル尺定規ツール販売オリジナル尺定規ツール販売
JAPAN STAGE DESIGN 2012JAPAN STAGE DESIGN 2012